遺産の中でも圧倒的にもめ事になりやすいのが不動産だ。例えば、母はすでに亡くなっていて、父親の遺産を2人で分けることになった兄弟。仲は悪くないので、トラブルになるようなことはないと考えていた。だが、困ったことに父の財産は分けられないものだった。というのも、相続評価額3000万円の土地付きの自宅と400万円の預金のみだったからだ。相続税を納めるほどの遺産ではなかったが、2人で単純に1700万円ずつ分け合うということは難しい。ここから兄弟間のいさかいが始まってしまった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。