ヘッジファンドという言葉を初めて意識したのは大学生のころ。浜田和幸さんが1999年に出版された『ヘッジファンド 世紀末の妖怪』という新書でした。ジョージ・ソロス、ジュリアン・ロバートソン、ルイス・ベーコン──。非常識な大ばくちであるのに、圧倒的スケールと論理性がある彼らの手口は、金融論をかじり始めていた私にとっては、あまりに教科書と懸け離れていて大きな衝撃でした。最近は、徐々に“普通の業界”に変質してきたとの声を耳にします。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。