日本企業にとって、いまやグローバル化は生き残るために避けては通れない道である。成功の鍵を握るのは人材育成だが、成功している企業は少ない。その原因は、MBAや英語力に偏重した育成方法にある。それに気づいた企業の中には、新たな育成方法を取り入れているところもある。「リベラルアーツ」と「対話力」だ。今後これらが、グローバル人材育成の“新常識”となっていくだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。