アプローチが苦手で、ダフリやトップのミスを繰り返してしまうという人には、二つの悪い癖があります。一つは、ボールに当てようとする意識が強過ぎて、クラブを手先で動かしてしまうこと。もう一つは、インパクトで体の回転を止めてしまうことです。いずれもスウィングの再現性が低くなるので、ミート率が悪くなります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。