「衆参ねじれ解消確実 自公優勢を維持 民主は依然苦戦」(読売新聞) 「与党、過半数大きく超す 自民60台後半 民主20割れも」(日経新聞) 「自公70台安定多数へ 民主20前後、共産勢い」(毎日新聞) 参議院選挙は終盤を迎えて、7月17日付朝刊の1面トップに各紙の情勢分析の見出しが大きく躍っている。メディアの選挙予測の精度は向上して、終盤情勢が明らかにされるときには、すでに選挙は終わっているともいえる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。