長く選挙報道に携わってきたが、これほど盛り上がらない国政選挙は初めての経験だ。新聞の候補者広告も、めっきり減った印象を受ける。自民党幹部の「参院選は有権者と候補者が最も遠い選挙」という言葉を実感するが、要因はそれだけではない。圧倒的優位が伝えられる自民、公明の与党勢に対して中小野党が乱立。しかも選挙協力がないままバラバラ状態で選挙戦に臨む。「大砲に鉄砲で向かうような選挙」(自民党選対)なのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。