昨年秋からJALとの共同事業を始めたブリティッシュ・エアウェイズは、150以上の都市を結ぶ世界最大級の航空会社だ。運賃がJALと共通化されたことでスケジュールの柔軟性が高まり、往路はブリティッシュ・エアウェイズ、復路はJALといった選択もできるようになっている。そのブリティッシュ・エアウェイズの「クラブ・ワールド」は、世界で初めてフルフラットシートを導入したビジネスクラスだ。シートは、長さ201センチ、幅63.5センチ。フットスツールも高さと角度調節が可能で、リクライニング機能と相まって、好みに応じた姿勢を選ぶことができる。仕事をするのもよし、睡眠を取るのもよし、機内のあらゆる時間をストレスなく過ごせそうだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。