米国のクラスアクションに似た今回の消費者団体訴訟制度は、数万円のためには訴訟を起こせない消費者が、企業と対等に戦える土俵ができるものと捉えている。だが、一方で問題も多い。そもそも、ソーシャルネットワーキングサービスが当たり前となった現代では、個人が簡単に連携できるようになっており、かつてのような巨大企業対個人といった構図とは異なってきている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。