福島第1原発事故を受け、各地で停止中だった原子力発電所の再稼働がじわじわと現実味を帯びてきた。「経済成長」を標榜する自民党政権は再稼働を後押ししているが、実は原発をめぐる「国家の計」たるビジョンが示されていない。再稼働の現場と、エネルギー政策の問題点に迫った。 

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。