本書は、ビッグデータに代表される計量的アプローチをマーケティングに応用した事例の入門解説書である。著者は大学で計量経済学を専攻して、学生時代から大手広告代理店で数理マーケティングを20年以上経験し、現在では同社の数理マーケティング部門長を務める、まさにうってつけの経歴を持つ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。