かつて日本一の歓楽街とうたわれた「浅草六区」の再開発が始まる。中でも注目されるのが、「浅草名画座」などが入っていた浅草中映劇場跡地。松竹の完全子会社の中映が運営していたが、老朽化のため2012年10月に閉館した。その建て替え後の姿が最近、明らかになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。