四方を暖流と寒流が交差する海に囲まれた日本。世界有数の魚食民族である日本人は、さまざまな魚料理を編み出しました。中でも、他国の人々がまねできぬ、大胆かつ粋な料理が「刺し身」である──。日本の食文化の素晴らしさを軽妙に伝えてくれるのが、小泉武夫著『食と日本人の知恵』です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。