7月1日より、シンガポールの外国人雇用規制が一層強化される。かつては積極的に外国人を受け入れて高度成長を遂げた同国だが、2009年からは受け入れ抑制にかじを切っているのが実態だ。外国人労働者は、単純労働者、高卒程度の中間スキル労働者、大卒の管理・専門職と大まかに3分類される。09年以降は、3分類とも受け入れが抑制されてきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。