この50年、日本はずっと「規模の経済」を進めてきました。大規模な施設を集中的に配置し、特定の分野、産物、機能への専門化を進め、遠隔化したネットワークでつなぐ経済システムです。その基盤となったのは、安価な化石燃料の大量消費です。工場や農産物の産地のみならず、居住地も「規模の経済」の論理で整備され、都市郊外に大規模団地が造られました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。