プロ将棋における棋戦のうち、別格とされる7つのタイトル戦。その主催者は、言うまでもなく、大手新聞社と通信社だ。例えば、優勝賞金が最も高いとされる「竜王戦」は読売新聞社、最長の歴史を持つ「名人戦」は朝日新聞社と毎日新聞社の共催といった具合だ。ところが、この新聞社主催の花形イベントにも、時代の荒波が押し寄せているようだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。