プロ野球の「飛ぶボール」をめぐる一連の疑惑には、腑(ふ)に落ちない点があまりに多い。統一球の変更を「全く知らなかった」と釈明した日本野球機構(NPB)の加藤良三コミッショナーに対し、マスコミは批判の集中砲火を浴びせている。確かに、球界のトップが「不祥事ではない」と開き直って済む話ではなく、進退問題に発展するのも当然だろう。だが、加藤氏辞任で「一件落着」なら、真実は永遠にベールに包まれてしまい、前近代的な球界体質が温存されるように思う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。