日本の専業エンジニアリング会社で、唯一の非財閥系ながら、10年以上トップを走り続ける日揮。1990年代後半の経営危機を克服し、成長路線へと転回させたのは重久吉弘グループ代表だ。日本の外務省より強力な海外人脈を持つといわれる“中興の祖”の人物像に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。