22年にわたる日本株の低迷には、構造的な要因があった。企業による株の持ち合い解消だ。ピークの1988年には持ち合い比率が東証1部で55%もあったのが、3年前には8%まで下がった。そこまで売りが出れば、株価は上がらない。だが、この圧迫要因はなくなった。買えばいくらでも上がる状況になる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。