グループ全社員3万2000人にフィロソフィ手帳が配布されたのは、稲盛会長が就任してから1年後の2011年1月のことだ。それまで稲盛会長は、会議の合間を縫っては現場を歩いていた。現場に到着してあいさつをお願いしようと振り向くと、すでに各テーブルを回って社員と握手をしている。講話の後には、必ずコンパ(飲み会)を開催し、質問や意見には諭すように答えるときもあるし、強烈に叱るときもあったが、最後にはしっかりとファンを増やして帰っていく。フィロソフィ手帳を配布したときは、社員の間には稲盛経営を受け入れる土壌が出来上がっていたと思う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。