地方財政の財源は、地方自治体自らが徴収する自主財源と自治体以外が徴収する依存財源がある。自主財源には、住民税や固定資産税などの地方税、自治体が保有する不動産の賃貸料などの財産収入、印鑑登録など自治体が提供するサービスに対して支払われる手数料などがある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。