米イリノイ大学の研究者らが米国がん学会専門誌に報告した研究によると、トマトと大豆製品を一緒に摂ると、別々に食べるよりも前立腺がん予防効果がアップするらしい。研究者らは、遺伝子操作で100%前立腺がんを発症するようにしたマウスに(1)トマトパウダー、(2)大豆胚芽、(3)トマトパウダーと大豆胚芽、(4)トマトも大豆も抜きの一般食のうち一つのパターンで餌を与え、その効果を観察した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。