孫への教育資金の贈与非課税制度の創設、相続税基礎控除の縮小など相続絡みの税制改正が続き、実務本が好調です。『38歳からの相続』もベストセラー入りの勢い。40歳前後は、相続にはまだまだ縁遠い年頃と思われていますが、教育資金贈与など、親の協力が得られるならば「円満な相続の実現」への準備を始めるべき年頃だといいます。といっても制度の解説本・実務本ではなく、夫が突然死した場合、アラフォーの独身女性の場合など身近に見受けられるケースを基に、相続や税の仕組み、考え方を紹介します。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。