厚生年金の支給開始年齢引き上げに対応し、雇用と年金を確実に接続させ、無年金・無収入者が出ないよう、継続雇用希望者全員にそれまでの雇用確保措置を企業に義務づける「高年齢者雇用安定法」の改正案の方向性を労働政策審議会がまとめ、厚生労働大臣に建議した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。