中学受験の準備で最も重要なことの一つが、「子どもと志望校に合った塾選び」だ。子どもと塾の相性は、夏休みなどの短期講習に参加して判断することが第一だ。一方、志望校に合った塾探しは、データ分析で一定の判定ができる。各塾がウェブサイトなどで発表している難関校合格実績は参考になる。例えば開成中学が志望校である場合、同校への合格者がゼロの塾よりも、50人の塾のほうがよいだろう。入試問題は学校ごとに違いがあり、多数の合格者を出している塾には相応のノウハウがあるからだ。入試難易度が同レベルの学校を志望する子どもと切磋琢磨して勉強するほうが効果的という面もあるだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。