内閣官房参与である飯島勲の日頃の言動から、「いずれは」とみていたが、こんなに早いとは想定外だった。飯島の電撃的な平壌訪問のことだ。14日夕、北京から平壌空港に降り立ったあの個性的な飯島の姿がテレビ画面に映し出された。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。