4期連続赤字が確実視されるハワード・ストリンガー体制。CEOに就任して以降、株価は65%下落し、ムーディーズの格付けは歴史上初めてとなるトリプルBへと転落した。その経営責任を取るどころか、社外取締役や取り巻きの外国人部隊、国内幹部を抱き込み、延命を図ろうとしている。このままでは、ソニーの凋落は止まらない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。