大型連休明けの7日早朝、1人の政治家の訃報が届いた。元官房長官の五十嵐広三(87)である。五十嵐の名が全国に知られたのは1969年。当時、五十嵐は北海道・旭川市長を務めており、日本で初めて旭川平和通商店街に「歩行者天国」を導入した。そして今や国民的な人気スポットになった旭山動物園も五十嵐が創設したものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。