株価の上昇は当面続くというのが市場関係者の共通見解だ。年内の最高値は、堅めに見て1万5000円、楽観的な予測では1万8000円超というものもある。今年前半は、円安と景気改善への「期待」が株価を支えるだろう。後半以降の上昇は、企業の業績が実際にどこまで改善するかにかかる。さらに企業業績には、為替と海外景気の動向、そしてアベノミクスの成否が影響する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。