世界の中でも指折りの国際都市である東京は、戦後一貫して変化を繰り返しながら発展を続けてきた。戦後復興から高度成長、石油ショック、バブルの発生と崩壊、金融危機まで幾たびかの好不況の波が日本を襲い、その中で東京は絶え間ない投資と競争という“呼吸”を繰り返してきた。それが、焼け野原から超高層ビルが林立する今の東京へと導く原動力となった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。