「われわれはハンディを抱えるが故に努力を重ね、水道料金を上げずに経営改善し、さらに将来への備えをしています」こう語るのは、愛媛県松山市公営企業局の津吉不二夫・管理部長だ。水道事業の経営改善で着実に成果を上げているのが、松山市だ。水資源に恵まれない松山市は過去、何度も渇水に見舞われた。そのため市は節水型都市づくりを推進し、市民に節水を呼びかけた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。