最多獲得タイトル歴代1位、連続タイトル保持21年超、最多同時タイトル七冠──。羽生善治氏の歩みは、将棋史を塗り替えていった軌跡でもある。7歳で将棋を覚えてから15歳で四段に昇段、史上3人目の中学生棋士になり、プロデビューを果たす。それ以降も圧倒的な強さを見せて、19歳で初のタイトルである竜王を獲得。極みは25歳で七大タイトルすべてを独占し、史上初の七冠を達成して、将棋界の頂点に立った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。