「日本は、世界最大のLPG(液化石油ガス)輸入国だが、いつまでも“中東の産油国・産ガス国と日本”というルートだけで考えていては発展性がない」国内のLPG元売り会社で首位にあるENEOSグローブの松澤純社長(写真)は、積年の危機感をストレートに語る。この2月末に、6隻目となるLPG専用の新造大型タンカーの導入に踏み切った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。