「経済政策というよりは、政治的ギャンブルだ」──。とある政府高官はアベノミクスをこう表現する。経済学的な理屈ではなく、ひたすら日本銀行に圧力をかけて“爆発的”に金融緩和すればデフレから脱却できると考えるのは、賭けのようなものだというのだ。「安倍晋三首相は1本目の矢(金融政策)しか頭にない」と、この政府高官の表情は暗い。 安倍首相をはじめ、日銀に一層の金融緩和を求める主張には、必ずしも明確な効果の波及経路が説明されていないことが多い。そこで、まずはその経路を改めて確認しておこう。いわゆる非伝統的金融政策の波及経路はおよそ図2‐5の通りだ。短期金利が長らくゼロ水準で推移する中、日銀は長期国債や社債、REIT(不動産投資信託)などリスク資産を購入し、自身のバランスシートを拡大し続けている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。