安倍晋三首相は果敢に財政金融政策を進めている。日本銀行の正副総裁にも積極緩和を進める人物を選んだ。しかし、よくよく考えると、GDPの2倍を超える国の借金を抱え低成長にあえぐ日本の財政破綻確率は低いといえない。本来なら「インフレ、円安、高い長期金利」となっても不思議ではない。しかし、最近でこそ過度な円高は修正されたが、長らく「デフレ、円高、低い長期金利」が続いてきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。