塩化ビニル樹脂原料などの化学品を生産する主力のクロル・アルカリ事業について「方針をまったく変えた」と言うのは東ソーの宇田川憲一社長。欧州をはじめとする世界的な景気低迷と、中国の供給過剰で、輸出戦略は軌道修正を迫られている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。