米国では、NYダウ平均株価の高値更新など景況感の回復が鮮明ですが、雇用総数に対する雇用回復度は低いままです。その背景にある理由は何なのか。景気循環説や景気停滞説などが説かれてきましたが、MITの経済学教授による『機械との競争』は、技術進歩の加速による雇用喪失説の立場に立ちます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。