学校の校庭の一部をオーガニック農場に変える「エディブル・スクールヤード」(食物のなる校庭)という運動が、アメリカ全土に急速に広がっている。この取り組みがまだ食への認識が低いアメリカ人の考え方を変えるきっかけになっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。