景気は回復傾向にあるが、損保業界の環境は依然として厳しい。要因は大きく二つ。少子高齢化により保険契約者が減少していくことと、デフレにより保険料が下がっていることだ。アベノミクスによるデフレ脱却に期待したい。地震保険料については、来年夏にも値上げの見通しだ。地震リスクを考えれば値上げは避けられない。逆に値上げによって、地震リスクの大きさと保険加入の重要性が再認識されるのではないか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。