外食業界の優等生、日本マクドナルドホールディングスに異変が起こっている。2004年に原田泳幸社長(05年から会長を兼任)が就任して以来8年連続の成長を遂げてきたが、9年ぶりに既存店売上高が前年を下回り、売上高は2947億円、営業利益は247億円の減収減益となったのだ。一時的な減速なのか、それとも成長の限界なのか。原田社長の次の一手を探る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。