日経平均株価が1万1000円台に乗った今年1月の第5週、個人投資家の現金取引が突如として大幅な売り越しを記録した。株の値上がり益を確定させる“利食い売り”とみられるが、「“やれやれ売り”もかなりあったのではないか」(大手証券幹部)。やれやれ売りとは、やれやれようやく買い値近くまで株価が戻ったから売ろう、という投資家の行動のことだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。