1781社中約3分の2の1264社が割安──。これが本誌編集部算出の「試算株価」による、東証上場企業の株価診断結果だ。試算株価は、過去2期の実績と今期の利益予想に基づき、企業が現時点と同水準の利益を生み続けることで創出される「利益価値」と、株式市場が織り込んでいる利益成長期待である「成長性プレミアム」を基に計算する。過去2期の決算期末と直近の時価総額を試算に取り込み、市場の当該企業に対する“潜在的な評価”を表出させるところに特徴がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。