税制改正となると、まず目が行くのは最高税率でしょう。2013年度税制改正大綱では、所得税で新たに45%の税率が設けられ、相続税においても最高税率が50%から55%となります。ただし、広く私たちに影響が及ぶのは、課税ベースの拡大です。相続税でいえば基礎控除額の引き下げです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。