ドライバーは、シャフトを長くすればするほど遠心力が働いて、飛距離がアップします。ただしそれは、スウィートスポット(フェースの芯)で打つ、という前提条件付きの話です。試打ロボットやスウィングの再現性が高いプロは理論上、飛距離がアップしますが、アマチュアの場合はミート率が悪いため、逆に飛ばなくなることが多々あります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。