前回は「時価総額が国内総生産(GDP)の半分になるまで値下がりすれば株価は底」というアノマリー(投資理論では説明できない市場の規則性)を紹介した。今回は「暴落後の長期低迷相場を繰り返す」というフラクタル(相似性)を紹介する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。