インターネットで一般用医薬品(大衆薬)を販売する権利の確認等を求めた裁判で、最高裁判所は1月11日、原告のケンコーコム等に勝訴判決を言い渡した。同社の後藤玄利社長は「そもそもネット販売を禁止する規制自体に無理があった。当然の判決だ」と胸をなで下ろす。“ネット販売は危険”との認識である厚生労働省に対しては、「根拠がないにもかかわらず、“対面販売は安全”で“ネット販売は危険”と判断した」とあきれ返る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。