ゴルフスウィングは軸(背骨)を中心とした「回転運動」であり、トップで肩を90度回す、ダウンスウィングで腰を切る(回す)、フォローでクラブを左に振る、といった回転にまつわるセオリーが数多く存在します。それらのセオリーを信じて、忠実に実践している人が多いのではないでしょうか。ところが回転運動を意識し過ぎるあまり、飛距離アップどころか、かえって飛距離をロスしている人が少なくありません。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。