“原発ゼロ”政策のいかんに関わらず、老朽化した原子力発電所の廃炉は必要不可欠だ。しかし、廃炉が実際にはどのようなものか、意外に知られていない。そこで本誌は、日本で現在わずか3カ所でしか行われていない廃炉作業の現場の一つ、「ふげん」に潜入。今、何が行われているのか、そして、日本の原発産業にとって「ふげん」の廃炉が持つ特別な意味に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。