激化するグローバル競争下での親会社の生き残りのため、その子会社や関連会社の再編・淘汰が進む──。今、その台風の目になろうとしているのが、昨年10月に旧新日本製鐵と旧住友金属工業の統合で誕生した新日鐵住金だ。新日鐵住金の裾野はとてつもなく広く、子会社、関連会社だけで数百社に上り、統合によって業態の似通った会社が複数ぶら下がった状況になっているのだ。親の統合前に再編がすでに済んだ会社もあるとはいえ、再編や淘汰で効率化が必要な会社も残っており、関係者は戦々恐々としている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。