バラエティ番組で、芸人が矢継ぎ早に間を埋めるようにしゃべりまくり、さらには過剰なテロップが追い打ちをかける。これはテレビに限ったことではなく、今の時代はどんどん“間”もへったくれもないギスギスした時代になっている。『間抜けの構造』はそんな時代に警鐘を鳴らす一冊。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。