さまざまなジャンルで昭和がブームになっているが、鉄道趣味についても当てはまる。旧国鉄が製造した古きよき時代の重厚な車両を求めて、乗ったり撮ったりする鉄道ファンが増えているのだ。一時は、国鉄からJRに引き継がれた車両を厚化粧のように派手な色に塗り直して走らせていたものだが、最近、国鉄時代のオリジナルカラーに戻して運行している例が相次いでいる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。